ハイヤーの利用用途

ハイヤーの利用用途

ハイヤーの利用用途 ハイヤーはタクシーと違って流しで乗ることはできません。事前に見積もりを出してもらい、契約をしてから予約をします。タクシーは自動ドアで開閉が行われますが、ハイヤーではドライバーがドアの開け閉めを行ってくれます。ハイヤーのドライバーはドライビングテクニックのほか、マナーやサービスについて習得しており、顧客のニーズに応えられるよう訓練されています。では、利用するのはどんな人やシーンが考えられるでしょうか。

まずは、企業が専属契約をして役員の送迎をお願いしているパターンが多くあります。例えば、役員が通勤の際に出社と帰宅をハイヤーでするのは、待遇の面だけではなく、その役員の安全な移動を確保するという意味合いもあります。ハイヤー会社の車を利用することもできますし、社用車の運転をハイヤー会社のドライバーに頼むこともできます。忙しい役員のためにフルタイムでまるごと一日、車とドライバーをお願いしている企業も多くあります。役員送迎のほかに企業がハイヤーを利用するシーンとしては、複数の得意先への挨拶まわりや現場の視察、来賓の送迎、大事な顧客や役員のゴルフ場への送迎などです。または、社内イベント時に社員を宴会場やホテルへ送迎するのに使われることもあります。

必ずしも専属契約した企業のみが利用できるというわけではありません。継続して利用しない場合、スポット利用という、一日だけの利用も可能です。事前予約しておいた方が安心ですが、空いていれば当日でも予約できる会社もあります。海外出張や海外旅行の場合、スーツケースなど荷物の持ち運びが大変になるため、公共交通機関を利用するよりも車で空港まで行きたいという人も多いはずです。そのような時にも利用できます。海外の要人やVIPを空港送迎するのも、タクシーではなく、ホスピタリティーサービスを兼ね備えたハイヤーの場合が多くあります。

人生の晴れ舞台である、結婚式でハイヤーを利用する人もいます。自宅や衣装レンタルの店で衣装を着てから結婚式場に向かう場合や、特別な一日である記念として新郎新婦が送迎をお願いする場合もあります。多いのは、来ていただくゲストへの心遣いとして送迎をハイヤーにしてもらうというものです。祝辞をお願いした上司や、これからも関係性を大切にしたい親族の送迎でハイヤーを使うと、ワンランク上のおもてなしとしてゲストに喜んでもらうことがきます。

郊外に会場があって公共交通機関でのアクセスが不便な場合や、式場と披露宴会場が別の場所で、車での移動が必要な場合にゲストの送迎を依頼することもあります。高級車に乗ることで、おめでたい日の特別感を皆で共有することができるのもハイヤー送迎ならではのメリットかもしれません。冠婚葬祭での送迎にハイヤーを使うのは、来ていただく人への感謝の意味が込められています。このほか、誕生日パーティーや還暦のお祝いなど特別な日の送迎に利用するのも素敵な演出のひとつです。

観光でのハイヤー利用はとても便利です。行ったことのない場所で迷うこともなく、観光したい場所だけを効率よく回れるのは大きな魅力です。観光ハイヤーのドライバーは道に詳しいだけでなく、名所に関する知識もあり、さらに地元の美味しいお店にも詳しいので様々な情報を得ることが可能です。どこに行ったらいいかわからない場合は定番ルートを回ってもらうことができますし、行きたい場所が決まっている場合はあらかじめ要望を伝えればオーダーメイドの観光プランで動いてもらうことができます。バスツアーと違って他のお客さんがいないのでプライベート感があり、気兼ねなく楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。

最新のお知らせ

  • [2018年10月31日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年10月31日]
    運営者情報を追加しました。